インプラント

インプラント専用オペ室をご用意しております

オペ室

当院のインプラント治療を行う場合、手術専用のオペ室完備しております。
一般の診療室と分けている理由は、オペ用の専用器具、診療にあたって、無菌状態の環境を作らなければいけないのです。手術で緊張からストレスになりやすいからこそ、最高の環境で患者さんの為に治療をしたい、私たちの想いです。

インプラントとは

歯をよみがえらせるインプラント治療

第2の永久歯

インプラントは、失った歯の根の代わりに「人工の歯根(インプラント)」を埋め込み、その上に人工歯をつけるという治療です。
インプラントは入れ歯と違い自分の歯のように噛むことができるために、「第二の永久歯」と言われます。機能的にも、見た目的にも、天然の歯にもっとも近く、最近インプラント治療を受ける方が急速に増えています。
ブリッジやバネのついた入れ歯のように残っている歯を傷める心配もありませんから、当院では歯を失った方の「第一の選択肢」としてインプラント治療をオススメしています。

移植とインプラントの違い

移植とインプラントの違い

最近、よく耳にする心臓移植や肝臓移植はドナー(心臓提供者)がいて成立するものです。ですが、インプラントの場合は体にとって障害のないもの、体に適応しやすい性質(生体親和性)の高い人工的なものが臓器の代わりになります。
それをトランスプラント(移植)と医学用語で呼びます。インプラントも歯(臓器)の代わりにチタン(人工素材)を使います。

ケース別治療法

1本の歯を失った場合

一般的なインプラント方法です。歯を失った場所に1本だけ埋めるのですが、ブリッジや入れ歯と比べた時に両サイドの歯を削らずに済む点や負担をかけずに済みます。また、しっかりと噛むことが可能なので顎の健康にも繋がります。

  • 1本の歯を失った場合①
  • 1本の歯を失った場合②
1本の歯を失った場合①
1本の歯を失った場合②

奥歯を含めて複数の歯を失った場合

インプラントの場合はインプラントを土台として固定式のブリッジを装着します。今までは数本の歯を失った場合や歯のない部分が広い場合は部分入れ歯を用いておりましたが、残りの自然歯への負担が大きいので安定した力を伝えられるインプラントが注目を浴びております。

  • 奥歯を含めて複数の歯を失った場合①
  • 奥歯を含めて複数の歯を失った場合②
奥歯を含めて複数の歯を失った場合①
奥歯を含めて複数の歯を失った場合②

全ての歯を失った場合

最近はオールオンフォーと呼ばれる全ての歯がない方にインプラントする治療方が注目されています。今までは入れ歯だと歯ぐきで支えざるを得ませんでした。しかしインプラント治療の場合は、インプラントのヘッド部をバータイプの土台と直接連結させたうえで、入れ歯を固定する事ができる為、食事や会話時に入れ歯がずれてしまうようなことがありません。

  • 全ての歯を失った場合①
  • 全ての歯を失った場合②
全ての歯を失った場合①
全ての歯を失った場合②

インプラント治療の流れ

  • 1診査診断と治療計画

    歯科インプラント治療の最初のステップは担当歯科医との話し合いで始まり、続いて精密な歯の検査が行われます。顎のレントゲン写真で骨組織の状態を確認し、インプラントの埋入を決定します。全ての歯を失った場合①と既存の歯の型を作り、これが治療の基盤となります。
    ※症例・状態によっては、CT撮影をする場合もあります。

  • 2インプラント手術

    歯がない所へインプラントを埋め込んだ後、顎の骨にしっかりと結合するまで、6週間~6ヶ月ほど待ちます。
    ※骨の状態など様々な条件により異なります。

    下の図をクリックしていただくと、大きい図で御覧いただけます。

    手術の流れ

  • 3人工歯の取り付け

    インプラントの上に土台を取り付け骨としっかり結合し安定するのを待ち、その上に人工歯を取り付けます。
    ※待つ期間は、インプラントの種類・手術法・骨の状態・全身状態などにより決定されますが、おおむね6週間~6ヶ月ぐらいです。

    パターン1 完全に固定する

    パターン1 完全に固定する

    インプラントのヘッドにセメントを用いて人工歯を接着します。よく噛め、ネジ穴がないので噛み合わせがつくりやすく、見た目にも綺麗です。

    パターン2 ネジで止める

    パターン2 ネジで止める

    インプラントのヘッドと人工歯をネジで止めます。定期健診などの時に歯医者さんで外してもらい、インプラントと歯肉を清潔にすることができます。

    パターン3 入れ歯にする

    パターン3 入れ歯にする

    インプラントのヘッドに棒状・球状または磁性の維持装置を取り付け、入れ歯を固定します。

  • 4メンテナンス

    インプラント治療が終わっても、それで安心することはできません。人工歯は、天然歯のような防御機能がありませんから、毎日の家庭でのケアと定期的な検診をかかさず、きちんとメンテナンスするようにします。

インプラントはメンテナンスが重要です!

ホームケア

インプラント(人工歯)は構造的に歯の根元に向けて細くなっていくので、根本に隙間が生まれるためブラッシングは根本を意識してください。よりしっかりとケアをするためにも、ブラッシングに加えて、歯間ブラシや抗菌剤入のリンスを活用して、口腔内の清潔に徹底してください。

ドクターケア

検診の為にも定期的に通院していただきます。インプラント直後は月に1度のペースで通っていただきますが、落ち着いてきたら2、3ヶ月に1回、最終的には半年に1回が目安です。また、インプラントの状態や噛み合わせの状況を確認したり、口腔内の衛生状態をチェックして、クリーニング(PMTC)を受けていただきます。

手術後に注意することは?

主治医の指示を守り、安静にします。また過度なブラッシングは避け、口の中を清潔に保ちます。

料金についてはこちら

手術後に注意することは?
費用についても知りたい方へ

インプラント治療の種類など患者さんに応じたプランをご確認ください。

料金はこちら

インプラント治療について
もっと詳しく知りたい方へ

インプラント専門サイトでも詳しくご説明しておりますのでこちらもご覧ください。

詳しくはこちら

皆さんのホームドクターとして
健康管理のお手伝いを

横浜市都筑区にお住いの方でインプラントのことでお困りでしたらご相談ください。
無料相談をおこなっておりますので、お口の中にお悩みをお持ちの方は、まずご相談にいらしてください。

pagetop